家族が顔を合わせられる間取りを希望したら、
リビング階段を提案されました。
それが良かったです。
プランが出てきたとき「これだ」と思えました。
 
 家を建てるにあたってこだわったのは、まず木の家ということでした。そして、プランとしては、家族が顔を合わせられる間取りを希望しました。
夫婦と高校生の息子(当時)も寝るまではこのリビングで一日過ごしていました。
家族で、このリビングが一番気に入っている場所になりました。
 
 
 
実際に住んでみてとても過ごしやすい家です

厳しい暑さのときでも家に居ると涼しさを実感します。玄関に入った瞬間感じます。
逆に木の家なので冬は乾燥しすぎないように気をつけています。冬は暖房器具としてパネルヒーターを使っていますが、家全体を暖かくて、一度暖めると切っても暖かさが保たれます。家を建てる前に使っていた電気毛布は一切使わなくなりました。
木が見える家が良いのと可愛らしさからこの家になりました。
 
 宮沢さんでは、数種類のコンセプト住宅を提案していますが、木が見える家が良いのと可愛らしさから『キモリ』の家になりました。
営業の方は土地探しから資金の事まで全てフォローして動いてくれました。設計の方は原さんは、細かい点までわがままを聞いて希望を取り入れてくれました。
この家に住むことができて本当に良かったと思っています。