本文へ移動
 
宮沢工務店スタッフによるリレーブログコーナーです。
1週間ごと交代制にてブログ更新していきます。
家づくりや仕事に関することから、私生活の出来事まで
いろんな情報をお伝えしていきます。。。
 
 
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ルンバ

2020-09-11
「ルンバ」を買いました。
ボタンを押しただけでホテルのように床が綺麗になりました。
ただカーテンを巻き込んだり段差を乗り越えなかったりします。
住宅を設計する時の注意点と感じました。
「ルンバ」も特におすすめですが家事の時間を短縮する上でご提案したい設備や商品がいくつかあります。
ぜひご採用いただき、さらに快適な住生活を送ってください。
 
設計:会田

水に感謝のお話

2020-09-04
今、茅野市内でリフォーム工事をさせて頂いており、休憩中に大工さんとの小話をご紹介。
大工さん:「今は良い機械があり、簡単に水平が出せるけど、昔はどうやって水平を出していたのかねェ」
田口:「透明なホースに水入れて、両端の高さ当たれば水平だよ」
大工さん:「いやいや、ホースなんてない頃、お城を造っていた頃の話よ。。」
さすがに分からず「どうやってたのかねェ」と休憩時間は終わりました。
この問題を翌日までの宿題にされてしまったので、少し調べてみました。
江戸時代では、竹を二つ割りにして、両端以外の節を削って、雨樋のような形にしてそこに水を溜めて水面からの距離を測って水平を出していたそう。
言われてみれば、なるほどと思うのですが、機械に頼っている今では思いつかず。。。
そんな時代から、レーザー測定器まで進化した現代ですが、機械自体を水平にしなくてはレーザーも水平になりません。
そこで基準となるのはやはり「水(液体)」を利用した気泡管。(中の液体は水・石油系オイル・アルコール系と様々)
機械は進化しても、基本はやはり「水」であることに気づき、改めて水に感謝するという微妙な時間でした。
ともあれ、建物に一番大切な「水平」「垂直」を正確に、これからも宮沢工務店は良い建物を造ってまいります。
 
設計部:田口
 
 
 
 

ミニマリストに憧れる

2020-09-03
 ミニマリストとは、身のまわりのものを厳選し必要なものだけに囲まれて暮らす人のことを言います。
ミニマリストには以前から憧れていて、ミニマリストが厳選に厳選を重ねて持っているもの、そして考え方などをまとめた本を読んだりYouTubeを見たりして参考にはしているのですが、道のりは遠いです。
今は、以前に比べれば大分不要なものは処分し、併用できるものは併用し、セールだからと勢いでものを買うことを控え、持ち物を少しづつですが減らしていく努力をしている最中です。
道半ばではありますが、確かに実感として言えることは掃除や整理整頓は楽になり、毎日を丁寧に過ごすようになってきます。
今後も地道に継続していきたいと思います。
 
設計部 上原

雨つづきで 

2020-07-11
雨つづきのおかげで紫陽花がとてもキレイに咲いておりました。家の中から見えないので、切花で数本家の中に飾りました。
昨年より雨が多いような気がします。
一方で その雨続きで各地で大きな被害も出てしまっているようです。
私の住んでいる地区の近くでも倒木により電柱が折れて倒れてしまったりと被害が出ていました。
別荘地ではよくそうなりますが、倒木による停電は起こります。
日頃から、そんな災害時にどう行動するべきか いろいろと考えておかなければと感じました。
そんな諸刃のとなってしまう「自然環境」と 「人間の暮らし」がどう関わっていくと良いか、
自然との付き合い方を日頃より意識したいと改めて感じました。
 
 
設計部 藤原
 

リモート会議

2020-06-16
6月11日、12日に日頃宮沢工務店が取り組んでいる、『超一流住宅現場を目指す研究会』の
長野ブロック大会が行われました。
例年ですと、幹事会社様へ各社数名で伺い行われていますが、今年は新型コロナウィルスの影響で
リモートでの開催となり、宮沢工務店では全社員が参加しました。
普段見れない他社様の活動状況など拝見させていただき、とても参考になった会議でした。
今後も、お客様により満足していただける家造りを心がけて行きたいです。
 
工事部:宮坂
 
TOPへ戻る