本文へ移動
 スタッフのリレーブログ 
 スタッフによるリレーブログです。
 

宮川のH様邸 お引き渡ししました。

 
昨年からスタートしました宮川のH様邸が先日完成しました。
お施主様に電気関係から暖房・太陽光ほか、設備機器等、取り扱い説明を行い、
お引き渡しが無事完了いたしました。
 
 
二人のお子さんは相当嬉しいようで、説明の最中にも家中をあちこり物色したり、走り回ったりと、
すでに遊び場と化しています。
 

長い工事期間でお待たせしましたが、お施主様はじめお子様達にも喜んで頂き、私たちも嬉しい限りです。
こちらのお宅はリビングに大きなアイランドキッチンを備え、その正面には通常デッドスペースになりがちな
階段下にダウンスペースを作り、奥様が家事をしている目の前にキッズスペースを設けました。
日々の大変な家事+子育てがより楽しく快適になることと思います。
 

また、全体的な色調、カウンター横のシックなタイルなど奥様のセンスが盛り込まれた
素敵なリビング・ダイニングになりました。
 

H様ファミリーには、冬でも暖かいこのお家を楽しんで頂きたいと思います。
 

一部のご紹介だけですが、
他のお部屋も沢山のこだわりと快適に暮らすための最新の設備機器など装備されています。
色々ご案内できますので、新築をご検討方はぜひ宮沢工務店までお問い合わせください。
 

工事部 小堀
 
 
昨日から降っていた雪は自宅のある冨士見町では積もっていましたが、会社のある茅野ではとけていました。
山の天気は移ろいやすいですが、隣の町でも天気が大きく違うことを改めて実感します。

三月に入り暖かい日が続いていましたが、
三寒四温という言葉どおり変化のある季節なので体調管理をしっかりしなければ
風邪をひいてしまいそうです。
しかしながら、こうして八ヶ岳や南アルプスなど山々の雪化粧を見ると改めてこのあたりの土地の雄大さに気づかされます。
家づくりは「人を包みこむ環境づくり」とも言えると思いますが、その家が建っている自然環境についてもより勉強して、
寄り添っていければなと感じました。


設計部 藤原
RSS(別ウィンドウで開きます) 

構造用LVL

2019-01-21
先日、LVLを構造材に採用した物件の建て方が終わりました。
LVLは、単板積層材と言われ、4mm程の厚さの木の単板を、繊維方向を同じにそろえ、接着剤で積層させた材料です。構造用のLVLは木造軸組工法では、柱や梁、土台といった構造材に用いられます。
一般的な無垢の構造材とは、概ねですが、次のような点の違いがあります。
 
·木材繊維方向を揃えるため、一般的な無垢材に比べ強度が高く、柱梁などに用いられます。
·木の板が積層されているので、節などの部材の欠点が分散され、均一で安定した強度の材料です。
 また、木の板をずらして継いでいくため、無垢材では手に入りにくい長い材料をつくることができます。
·乾燥した単板を積層させるため、構造材自体の含水率が無垢材より低く、床鳴りや木の収縮による隙間などが発生しにくくなります。
·材料自体が層状になっているため、他の製材品に比べ、防腐防蟻等の薬剤が浸透しやすい材料です。
·ただし、「濡れる、乾く」が繰り返されると単板がはがれてくる可能性があるので、外部空間など雨に当たるような場所に用いることはできません。
 
新素材によって、同じ木造でも、できることが少しづつ変わっていくのが、おもしろいと感じています。

矢﨑

ユニフォーム新調

2019-01-15
1月よりユニフォームを新調しました。
似合ってますか?ユニフォームと共に
今まで以上に精進、努力してまいります。
よろしくお願いします。
 営業:山本友徳

スカイツリー

2018-12-27
今月中旬、家族で東京へ行きました。東京に住んでいる娘と家族5人で、東京見物をしました。
スカイツリーも行きましたが、展望台見学は待ち時間が長いのでやめました。
周りの雰囲気はクルスマス一色で大変にぎわっていました。
スカイツリーは3回目ですが、大きさ(高さ)は改めて感じました。
又、見上げた時、展望回廊が目に入りました。
平成22・23年に手がけた茅野市長峰中学校の体育館の屋根を支える立体トラスのことを思い出しました。
たまたまトラスの製品検査で栃木県のメーカーに伺った時、
展望回廊の鉄骨の製品検査が、大林組の監督によって行われていた事を思い出しました。
小さな部材を立体的に組み合わせて大きなスパン、高い鉄塔など軽量化して
作製できる立体トラス構造あらためてすばらしいと思いました。
 近年、京都駅、金沢駅等の一部屋根にも使用されています。
 
工事部 功力喜朗

北山保育園完成

2018-12-19
4月から工事を進めてきた、北山保育園の改修工事が11月末に完成しました。
園児のお披露目に立ち会う事ができ、園児たちのうれしそうな顔を見る事ができ、
改めて、仕事の達成感と、やりがいを感じる事が出来ました。
奇麗になった園舎で、園児たちがのびのびと元気に成長していってもらいたいと思います。
 
工事部:宮坂
 

パトロール実施

2018-12-17
本日今年最後の12月の現場パトロールを行ってきました
弊社の全現場のうち今回は3か所の現場をまわり、チェックシートをもとにチェックを行いました
会社に戻り改善事項等の確認を行い、後日報告会にて全社員に周知確認を行っております
今年もあと少しとなりましたが、安全管理・品質管理に努め、お客様に満足して頂き喜んで
頂けるように工事を進めてまいります
 
工事部 小林(修)
TOPへ戻る