本文へ移動
 スタッフのリレーブログ 

スタッフのリレーブログです

 
宮沢工務店スタッフによるリレーブログコーナーです。
1週間ごと交代制にてブログ更新していきます。
 
家づくりや仕事に関することから、私生活の出来事まで
いろんな情報をお伝えしていきます。。。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

今年もこの時期が来ました。

2019-09-18
 
日々の忙しい仕事の中では、様々な場面で瞬時に判断して行動しなくてはいけない事が多々あります。
 
その為には今までの経験によるところがかなり影響してくるような気がします。
 
しかし、仮に経験のない事だった場合はどうするでしょう?
 
先輩や上司に相談して解決していくことだと思います。
 
ですが、いつまでも解らないままで相談ばかりなのも進歩はないでしょう。
 
今、自分に足りないというか、経験の不足から解らないことの多い分野が「宅地建物取引」に関すること。
 
もう何回も挑戦している「宅建士」の試験が来月に迫ってきました。
 
テキストも実は何年も前から使っているので古く、今年は法改正もあった為、新しいテキストを購入しました。
 
要点をまとめてくれたテキストなので、初心にもどり1から見直し、確認してみようと思いました。
 
問題集を何度も解くと良いといいますが、もう一度原点から確かめていき、忘れていたことや、
 
今更理解することもあるかもしれないので、試験まであと1ヶ月、少しでも時間を作り、テキストを開き、
 
要点を確実に覚えられれば良いです。
 
設計部:田口

岡谷の旧林家に行ってみました

2019-09-16
少し前に岡谷にある国重要文化財・近代化産業遺産に指定されています
旧林家を見に行ってきました。
明治30年代に建てられ、40年秋にほぼ完成したそうです。
(詳しい歴史的背景及び外観写真は岡谷市のホームページを参照をお願いします。)
ここで特に有名なのが、「金唐革紙」と呼ばれる壁紙が張られた和室です。
一見の価値はあると思います。
どこを見ても手間を惜しまず丁寧につくられていて、
古民家が好きな私にとっては見ごたえのある建物でした。
 
設計部:上原
 
 
 
 
 

木製水平ルーバー

2019-09-07
現在建設中の現場で、大工さんに集成材で水平ルーバーを作ってもらいました。
この建物は、この水平ルーバーを設置することで、南北に風と光がよく抜けて行きます。
2階に設けたLDKも、このルーバーのおかげでとても開放的な場所になりました。
 
矢﨑

校舎の裏と丸太と現場

2019-09-02
九月に入り、曇りがちで涼しい日が続いていますね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?
夏バテと天気も相まって、外に出ずに自宅で片付けをしていると、学生時代のスケッチが出てきました。
 
私が通っていた大学は芸術大学で、絵画、工芸、音楽と様々な芸術を学ぶ学生がいました。
あるとき校内を散策していると、校舎の裏側の空き地に丸太がごろごろと。
最初はなんだかわかりませんでしたが、実は彫刻作品につかう材料とのこと。
しばらくして、そこを覗くと作品になりつつある丸太を見るのも面白かったです。
彫刻は他と違いアトリエや教室の中だけではつくれないようなものあるので、人目につかない校舎の裏側で作業することも多々。
 
建築科の教室で図面や模型を作っていた自分にとって、ジャンルは違えど、
実際のものがどんな風に出来上がっていくかが、とても見られるのは刺激的でした。
やはりものが出来上がっていくのはいつでも良いものだなと改めて思います。
一般的には「裏側」とされている「現場」ですが、
宮沢工務店ではその部分をお客様に見ていただけるよう取り組んでいるので、多くの人に感じて頂ければと思います。
 
 
設計部 藤原
 
 

メンズカーブスの成果

2019-08-19

通い始めて10ヶ月、体全体に少しずつ変化がでてきました。

体重がマイナス6㎏、目標まであと2㎏ 頑張ります。

(目標体重75㎏)

2か月に1回体力測定があります。

8月の測定の結果がでました。

肉体年齢50才 大喜びです。

これからも週2日位は通い続けたいと思います。

営業部 山本友徳

TOPへ戻る