本文へ移動
 スタッフのリレーブログ 
 スタッフによるリレーブログです。
 

宮川のH様邸 お引き渡ししました。

 
昨年からスタートしました宮川のH様邸が先日完成しました。
お施主様に電気関係から暖房・太陽光ほか、設備機器等、取り扱い説明を行い、
お引き渡しが無事完了いたしました。
 
 
二人のお子さんは相当嬉しいようで、説明の最中にも家中をあちこり物色したり、走り回ったりと、
すでに遊び場と化しています。
 

長い工事期間でお待たせしましたが、お施主様はじめお子様達にも喜んで頂き、私たちも嬉しい限りです。
こちらのお宅はリビングに大きなアイランドキッチンを備え、その正面には通常デッドスペースになりがちな
階段下にダウンスペースを作り、奥様が家事をしている目の前にキッズスペースを設けました。
日々の大変な家事+子育てがより楽しく快適になることと思います。
 

また、全体的な色調、カウンター横のシックなタイルなど奥様のセンスが盛り込まれた
素敵なリビング・ダイニングになりました。
 

H様ファミリーには、冬でも暖かいこのお家を楽しんで頂きたいと思います。
 

一部のご紹介だけですが、
他のお部屋も沢山のこだわりと快適に暮らすための最新の設備機器など装備されています。
色々ご案内できますので、新築をご検討方はぜひ宮沢工務店までお問い合わせください。
 

工事部 小堀
 
 
昨日から降っていた雪は自宅のある冨士見町では積もっていましたが、会社のある茅野ではとけていました。
山の天気は移ろいやすいですが、隣の町でも天気が大きく違うことを改めて実感します。

三月に入り暖かい日が続いていましたが、
三寒四温という言葉どおり変化のある季節なので体調管理をしっかりしなければ
風邪をひいてしまいそうです。
しかしながら、こうして八ヶ岳や南アルプスなど山々の雪化粧を見ると改めてこのあたりの土地の雄大さに気づかされます。
家づくりは「人を包みこむ環境づくり」とも言えると思いますが、その家が建っている自然環境についてもより勉強して、
寄り添っていければなと感じました。


設計部 藤原
RSS(別ウィンドウで開きます) 

スレート

2019-02-21

『スレート』と聞いて思い浮かべるものは何ですか?

私は、主婦目線として雑貨店などで見かけるお皿を思い浮かべます。

冷やして使うと料理の冷たさが保たれる。お刺身やオードブル、サラダを盛っても良さそうな、

欲しいと思うお皿のうちのひとつです。

ですが、建築用語では『スレート』とは、薄い板状に加工したもののこと。

屋根材や内・外装材として使用されるものをさすようです。

ようです・・・と曖昧な感じですが、もっと建築用語も勉強しないといけないなと思っています。

(事務:宮沢)

 

思い込み

2019-02-13

カーナビを頼りに遠方からいらしたお客様より、

「近くまで来ているのですが、場所がわかりません。」

との電話。

お聞きしてみると、なるほど!近くにいらっしゃる。

それならば、右折して突き当りを左折・・・と説明。

「えっ、突き当り?」

話が噛み合いません。お車はどちらを向いていますか?

と、お尋ねすると

「山の方です。」 ん???

「あっ、どっち向いても山ですね・・・」

 

近くまで来ているので、車は会社の方に向いていると

思い込んでしまった私のミスです。本当は逆向きに、

車を止めた状態で電話下さったのでした。

 

バイパスが出来たため会社の場所を説明するのが、

なかなか難しくなってしまい・・・言い訳ですね。

反省です。

 

事務:井戸

除雪の季節到来!!

2019-02-13
毎年冬場になると、茅野市の委託によって人知れず除
雪作業を行っています。
場所は本社より少し標高が高いゆるやかな上り坂の市
道で、総延長で4kmほどになります。
 
そして、積雪が10cmを超えると出動するのですが、
特に夜間は雪の他にも寒さと暗闇との戦いにもなり、
作業員も大変な仕事をしているのです。
 
こうして通勤、通学の時間帯に支障が無いよう、また
安心して通行できるよう、明け方にはきれいに掻き上
げています。
 
市民の皆さんの安全を守るために除雪作業は、誇りを
持って行っています。
 
総務 うちば

猫ちゃんの居場所をうばってしまった?!

2019-01-31
先日、諏訪湖にほど近い場所でウッドデッキの工事をさせて頂きました。
諏訪湖のすぐ近くなので、花火の時期は特にリビング前の人通りが多く、目隠しを兼ねて少し高めのフェンスをご提案し、施工させて頂きました。
ご提案する中でデッキの下のスペースについて、「猫」が入り込み寝床になってしまわないように塞いでは如何でしょうか?と、ご提案しフェンスにて塞ぐことになりました。いざ工事が始まり、基礎工事の為土を掘っていると、職人さん「なんか臭うな、何かくさいな。」しきりに口走って工事をしていました。
やはり、日当たりが良い場所で、少し前まで空き家だったので、猫の昼寝の場所になっていたようです。
今回、その場所にウッドデッキを作って、さらにデッキの下に入れなくしてしまったので、お施主様にとっては野良猫が来なくなり良かったのですが、猫にとってはお昼寝の場所をうばわれ、ご機嫌斜めなのか?とか、いつものようにお昼寝に来たのに入れなくて別の場所を探している猫を想像してしまいました。
お施主様には喜んで頂きましたが、おそらく猫からは嫌がられ、なんか微妙な気持ちになりました。
春には、追加工事の依頼も入っています。
もしかしたら、すぐ近くに別の場所を見つけて日向ぼっこをしているかも知れません、どんな猫か、会えたら良いですね。
(設計部:田口)

キッチンの使い方

2019-01-28
キッチンの使い方について、自分の考え方だけではなく人と話してみると(ネット検索でも良いですが)
あたり前と思っていた使い方が意外とイレギュラーだったり、人それぞれのこだわりを垣間見ることが出来たり
新たな発見につながったりすることがあります。
例えば、
流しに桶を置くかどうか?
流しに三角コーナーを設置するかどうか?
カウンターで野菜などをカットするのか?
流し台の上でカットするのか?(←カウンターが水でびちゃびちゃしないなどのメリットがあり、
最近はこれができるシンクを各メーカ―で目にします。)
お砂糖やお塩などよく使う調味料はキッチンカウンターに出しているのか?
おたまやフライがえし、まなばしなどはすぐ使えて目に見える場所に置いておきたいのか?
などなど。。。
人と会う機会などがあれば話題にあげてみると面白いかもしれません。
私自身も人との会話の中で勉強になることがよくあります。
 
設計部 上原
TOPへ戻る