本文へ移動
 
宮沢工務店スタッフによるリレーブログコーナーです。
1週間ごと交代制にてブログ更新していきます。
家づくりや仕事に関することから、私生活の出来事まで
いろんな情報をお伝えしていきます。。。
 
 
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

基礎工事中

2021-06-15
茅野市グリーンヒルズヴィレッジで基礎工事を進めています。
鉄筋組立完了時に、社内検査、日本住宅保証検査機構(JIO)さんの基礎配筋検査を行いました。
鉄筋の太さ、間隔、継ぎ手部分の長さの確認等、様々なチェック項目に適合しているか確認し、
全ての検査項目に合格した後に、基礎コンクリートの打設を行いました。
今後も、細心の注意を払い、お客様に満足して頂ける家造りをしていきたいと思います。

工事部:宮坂

CSパトロール

2021-05-27
先日、月に一度行っているCSパトロールに行ってきました。
宮沢工務店では毎月一度社員と協力会社の方が交代で各建築現場の様子をパトロールしています。
注意喚起の看板が掲示されているかやトイレ掃除、現場の整理整頓や養生がきちんと行われているかなど・・
たくさんのチェック項目があります。
改善してもらう点だけでなくよくできている点を写真に撮り現場監督に伝え業者さんに伝えてもらっています。
今後もこの活動を続けよりきれいな現場を目指します。

営業 五味



今昔屋根考~サステナビリティーについて~ 

2021-05-12
皆様はGWをどのようにお過ごしになったでしょうか。
思うように遠出もできない昨今、息子と散歩がてら地域に残る古いお堂へ参拝しました。
このお堂は茅葺(かやぶき)屋根です。
諏訪地域にはこんな風にまだ茅葺屋根の建物が残っております。
弊社のある「茅野」の地名にもあらわされているように「茅」は身近に
手に入る材料として古くから屋根材として利用されてきました。
江戸時代など一時は霧ヶ峰など周囲の山々のかなり標高の高いところまで
茅場として茅が栽培されていたという説もあります。
ところで「茅」とは何でしょうか? 
実は「茅」とは ススキや葦などの 「植物の総称」であるとのこと。
茅という植物はないのです!
知らなかった。。。
しかし一年で生えかわる植物なので
再生産性が高く、とてもサステナブル(持続可能)な素材と言えます。
現代の建築とは考え方が違うため、新築の住宅で使われることはめったにありませんが
メンテナンス的にも「さし茅」という部分補修などの方法もあり、その昔は一般的な屋根でした。
現代でもこうしたお堂や、古民家の屋根などにその姿をみることができます。

一方で現代の屋根材として世界的に注目されているものに、TESLA社のSolar Roofというものがあります。
こちらは屋根材のような意匠性を持ちながら、ソーラーパネルになっており発電できるという
屋根材。茅のような自然素材ではありませんが、屋根材自体がエネルギーを生み出すという観点で
ある種のサスティナビリティーを持っているといえそうです。まだ普及するには時間がかかりそうですが、
電気を必要とする現代生活にとって価値ある開発ですね。

と、こんなふうに
今昔の屋根にいろいろと考えさせられたGWでした。

外部リンク*TESLA社 SORLAR ROOF
https://www.tesla.com/ja_jp/solarroof


設計 藤原

春爛漫

2021-04-13
時期的に桜の話題です。
今年の桜の開花、早かったですよね。
4月の中頃を予想していたので、先日慌てて2021年の桜を見に行きました。
見に行った日が丁度快晴で、暖かい陽気の中満開の桜を楽しむことが出来ました。
良い気分転換になりました。
季節に応じて景色の変化を楽しむってささやかですけど、良いものですね。

設計部 上原

インダストリアルスタイルのテーブル

2021-03-20
建物の解体時にでる廃材でテーブルを作りました。

新品のものとは違い、古材そのものの美しさが生かされ表情豊かなテーブルとなりました。

古材に新しい価値がみつかり、新しい命をやどしたような気持になりました。

ものずくりに新しい可能性を感じました。

設計部 会田
TOPへ戻る