本文へ移動
 
これまで沢山の方々と出会い、お家づくりのお手伝いをさせていただきました。
今の自分は、そうした方々のご協力があったからこそ....
そんな出会いを大切にしています。
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

本日の完成見学会イベントはPM4:00までの開催となります。。。

2020-11-15
ここ数日で、朝晩の冷え込み具合がキビシクなってきました。
 
昨日より完成見学会イベントを茅野市米沢にて開催しております。
折込チラシでは、「こたつのいらない暖かい家」というサブタイトルを
目にした方が訪れ、「本当にこたつはいらないの?」と質問が。。。
 
百聞は一見に如かず、というように実際に体感してみての感想はというと…
「何で暖かいの?」でした。。。
 
この時期の見学会イベントでは、諏訪地域の厳しい寒さを暖かな家で
クリアにしていきたい思いから、着目点は「暖かさ」に向いていきます。
 
家の「暖かさ」は断熱性能や気密性能、換気計画、そして暖房計画の
4点セットで考えていかなければなりません。
 
決して一つが突出しても暖かくなりません。
 
また、一つも欠けてしまったら暖かくなりません。
 
さらに、「暖かさ」を維持するためには、必要不可欠なことが
まだほかにもあるのです。。。
 
実際に体感して、その原理・仕組みを知ることで「暖かさ」を理解できるのです。
宮沢工務店では、そうした家づくりについての考え方をご提案する
地の利を活かしたノウハウでご満足いただける「住まい」をご提供いたします!
 
ぜひこの機会に、体感いただければと存じます。。。
 
 
 
 
 
 
 
 

今週末は完成見学会を開催します。

2020-11-10
だいぶ冷え込みがキツクなってきましたね。。。
今週末は、茅野市米沢にて完成見学会を開催いたします。
トップページよりご案内申し上げているので、わざわざ告知しなくても・・・
と、思われてしまいますが、動画作成した自身とすればより多くの方に
見ていただきたい・・・という想いから、しつこく告知申し上げてしまいました。。。
 
新型コロナウィルス感染防止のため、予約ナシとしておりますが、
「三密」を防ぐため、混雑時は入場制限をかけますのでご了承ください。
 
イベントの詳しい情報につきましては、 こちら からご覧ください。
 
皆様のご来場をお待ちしております。。。
 
 
 

秋らしい陽気になってきました。。。

2020-10-06
緩やかですが朝晩と冷え込んできました。。。
 
秋といえば・・・
 
読書の秋・食欲の秋など、落ち着いた時間が作れる季節となりましたが、
自分の状況を見てみると、なんだか忙しない毎日が続いているようです。。。
 
昨日は、LIXIL松本ショールームへお客様をお連れして、水回り機器選定の
お打合せに行ってきました。
 
お客様自身、現在のお住まいの仕様や色柄を確認してからお越しいただき、
お好みの色柄をもとにイメージをつかみたいご意向でした。
 
ショールームでは、選定した色柄を元にイメージがつかみやすいように、
ディスプレイで確認することができます。
 
お客様は食い入るように画面を見つめて、あれやこれやと比較検討を・・・
 
ビジュアルで確認できるのは、とてもありがたいことだと感じました。
 
 
 
弊社HPでは、「より分かりやすく」情報発信できるように、イベント案内や
家づくりに関して、動画で公開しております。
 
動画撮影や編集作業に手間取ることはありますが、情報をわかりやすく
発信できるようにしていきますので、今後も宮沢工務店をよろしくお願いします。。。
 
 
 

10月イベントのご案内

2020-09-23
来月17・18日の2日間、茅野市宮川にて新築完成見学会を開催します。
予約ナシでご来場可能ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく。。。
 
その翌週の24日には、セミナーを開催します。
茅野市アクアランド茅野カルチャーセンターにて実施します。
こちらは、予約制となりますので事前申込をお願いします。
 
秋深し。。。
 
イベント参加して、家づくりの知識を学び、皆様のマイホーム計画へ
お役に立てればと思います。
 
ふるってのご応募・ご参加をお待ちしております!
 
 
 

クラインガルテン。。。

2020-09-08

 

最近問い合わせのあったことで「クラインガルテン」という言葉が出たので調べてみることに。。。

クラインガルテンとは、日本語に訳すると「小さな庭」。「滞在型市民農園」。

クラインガルテンは「クラインガルテン協会」が管理し、希望者は協会員になって区画を借りる。

ドイツで最初のクラインガルテン協会は1814年、北部の街カペルンに作られた。

その後、1864年にライプツィヒで最初の協会が作られ、ドイツ各地に広まった。

1919年には利用者の権利を保護する法律が定められ、国の制度に取り入れられた。

 

利用者の数は50万人を超える。

大小の差は大きいが、利用者1人当たりの平均面積は100坪(330平方メートル)ほどで、

賃借期間は30年。

 

野菜や果樹、草花が育てられ、ラウベ (laube) と呼ばれる小さな小屋が併設されている。

ほかに、池を掘って庭園のようにしている例もある。

個々のクラインガルテンは分散しているわけではなく、ある程度ひとまとまりになっており、

大きな緑地帯を形成している。

 

例えば、日本の墓地公園において墓石の代わりに小屋が置かれ、

そこで家庭菜園が行われているようなものである。

 

老後の生き甲斐や余暇の楽しみの創出という役割だけでなく、都市部での緑地保全や

子どもたちへの豊かな自然教育の場として大きな役割を果たしている。

 

日本においても1993年平成5年)、

長野県東筑摩郡四賀村(現:松本市)に「坊主山クラインガルテン」、

同年兵庫県多可郡多可町に「フロイデン八千代」が開かれ、多くの利用者を迎えているほか、

長野県北佐久郡御代田町群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢茨城県笠間市などでも

同様の施設を作る動きが広まっている。

 

 

TOPへ戻る