本文へ移動
 宮沢義仁のブログ 
代表取締役社長 宮沢義仁(一級建築士
   長野県諏訪市出身。  大学の建築学科卒業後、清水建設㈱に入社。都心でビル・マンションの建築に携わっていました。しかし、子供の頃から思い描いていた家づくりの夢が捨てきれず地元に戻り宮沢工務店に入社。現在は社長という責任ある立場で、お客様の家づくりのお手伝いをさせて頂いております。
 
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

大阪開催ふるさと回帰フェア

2019-08-01
先週末、大阪でふるさと回帰フェアが行われ、私も諏訪地域6市町村のPRのお手伝いに行って参りました。
 
昨年も、この時は茅野市単独ブースのお手伝いで参加しましたが、昨年は当日現地へ向かい、11時前に到着。
 
交代で昼休憩を取って戻ってくると、台風で特急しなのが運休になるとの情報が入り2時過ぎには急ぎ帰路につきましたので、実質2時間程度しか活動できませんでした。
 
これが本当のとんぼがえり。時間と体力を無駄に使ってしまった感じでした。
 
今年はそんなことの無いように、前日の夜に大阪入り。
 
朝の準備から参加しましたが、またもや台風が。。。
 
しかし今回は運休も無さそうなのでほぼ一日お手伝いできました。
 
全国から自治体が参加するこのフェア、私たち諏訪地域もその多くの中の一つでしたので知って頂けただけでも良かったと思います。
 
東京のふるさと回帰フェアは9月8日開催です。
 
諏訪地域のみならず移住をお考えの方は足を運んでみては如何でしょうか。
 
 

監理技術者講習

2019-07-25
昨日は監理技術者講習で松本へ一日行って参りました。
 
建設工事現場を管理するためには、建築士、施工管理技士などの資格が必要ですが、ある一定の規模の工事においては監理技術者を置く必要があります。
 
その為そのような現場を管理する場合、資格者は監理技術者講習を受け、監理技術者の登録を更新していく必要があります。
 
これが5年ごととなっている為、5年ぶりの講習となりました。
 
これは建築だけでなく土木や電気、設備も同様となります。
 
この講習会は国から委託を受けた団体が行っていますが、ビデオでの講習のところがあったり、実際の講師による講習のところがあったり様々で、今回受講した(一社)全国建設研修センターは講師による講習会でした。
 
講師による講習会の場合、正直当たり外れがありますが、今回は当りでした。
 
自身の経験や知識を随所に交えながらの講習は大変勉強になりました。
 
そして最後に終了考査を行い、丸一日の講習が終了しました。
 
ところで講習のテキストも各団体によって違うということを今回初めて知りました。
 
カリキュラムは決まっているものの、各団体独自の工夫を凝らしたテキストになっているようです。
 
一度前回のモノと見比べてみようと思います。
 
 
 
 
 

一流の住宅現場を目指す研究会

2019-07-18
先週は一流の住宅現場を目指す研究会のブロック大会が2日間にわたり開催されました。
 
弊社は幹事会社ということでしたので、会員各社様に他県からお集まりいただき、大会の運営を行いました。
 
1日目は弊社の工事中の住宅現場及び完成物件の視察して頂きました。
 
プロ集団ですので、様々な質問やご意見を頂き、弊社としても大変勉強になりました。
 
その後、会議室で弊社の取り組みを発表させて頂きました。
 
2日目は各社の発表を行い、弊社は社員全員参加で他社様の良い所を学ばせて頂きました。
 
このように遠隔地の同業者同士での切磋琢磨はここ数年の弊社の改善に大変役立てられており、
 
今後も他社様に負けないように品質、安全、現場きれい、マナーなど良くしていきたいと考えます。
 
 

安全ネット

2019-07-08
先週末は茅野市のクリーンウォークがあり、弊社も会社周辺の道路を清掃しました。
 
毎回行っている為かゴミもほとんどなく、達成感は得られませんでしたが、このようにゴミが無いことは喜ぶべきことです。
 
次回は組合で宮川の河川敷を行う予定です。
 
さて、このところ工事中の物件の建て方が続いていますが、その際、弊社では水平ネットを採用しています。
 
世の中には先行足場もなくヘルメットも被っていないような安全に不安がある現場も多々見られますが、木造住宅の建て方現場では特に水平ネットを張って工事を進める会社は少ないのではないでしょうか。
 
かく言う弊社も以前は採用していませんでしたが、現場での職人の安全を第一に考え採用に至りました。
 
安全ネットのある現場は下から作業を見ていても明らかに安心感が違います。
 
もし、現場で墜落事故が発生したら大事故につながり、お施主様に大変なご迷惑が掛かってしまします。
 
そのようなことが無い様、弊社では安全に配慮しながら工事を進めて参ります。
 
皆様も近くで建て方を行っている現場があったら眺めて見て下さい。
 
 
 

道路清掃ボランティア

2019-07-04
今日は午前中、朝から茅野市建設事業団のボランティア活動に参加してきました。
 
内容はビーナスラインの道路清掃。
 
明け方目が覚めた時には雨が強めに降っていて、ずぶ濡れになりながらの作業を覚悟していましたが、作業を開始するころには雨も上がっていました。
 
カッパも脱いで、意気揚々と作業を始めたものの、歩道にはかなりの土砂が蓄積していてなかなかの重労働です。
 
道路側は昨年も作業したため、土砂もあまりなかったのですが、昨年別団体の作業場所だった歩道がほとんど手付かずでいたためです。
 
しかも作業が進むにつれその土砂の量がどんどん増えていき、スコップですくってダンプに乗せる作業をしていましたが、腕も腰も背筋もパンパン。
 
時間もオーバーしてしまい、最後には重機を出してもらいなんとか作業を終えることが出来ました。
 
振り返って奇麗になった道路を見ると充実した気持ちになりましたが、それ以上にヘトヘトになってしまいました。
 
さて今度の土曜日はクリーンウォークです。
 
会社の周辺道路を清掃します。
 
天気が良ければよいのですが。。。
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る