本文へ移動
 
代表取締役社長 宮沢義仁(一級建築士
 
長野県諏訪市出身。 
大学の建築学科卒業後、清水建設㈱に入社。都心でビル・マンションの建築に携わっていました。
しかし、子供の頃から思い描いていた家づくりの夢が捨てきれず地元に戻り宮沢工務店に入社。現在は社長という責任ある立場で、お客様の家づくりのお手伝いをさせて頂いております。
 
 
RSS(別ウィンドウで開きます) 

売地の草刈り

2020-09-23
4連休も終わり、今日からまた普段の生活に戻る方も多くいらっしゃると思います。
 
私はと言うと、日曜には茅野市本町の販売用の土地の草刈りを行いました。
 
ここは、上川を挟んで運動公園や図書館があり、私も近所に住んでいますが、運動公園でランニングをしたり、子供が図書館で本を借りたりと便利に暮らしています。
 
また、茅野市では高校に通う子供を駅まで送り迎えするお宅が多いようですが、駅までは徒歩で通えます。
 
残り1区画です。
 
ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。
 
 
 
 

SBCテレビの収録

2020-09-17
先週、縁あって、SBC信越放送の番組の収録が弊社で行われました。
 
毎週月曜日18:55から放送されている、YES!ものづくりという番組です。
 
県内のものづくりの会社を紹介する内容で、弊社は10月19日、26日に放送予定です。
 
撮影はいきなりの一発本番で、うまく話すことができませんでしたが宜しければご覧下さい。
 
 
 

下地の防水処理

2020-09-03
最近、蓼科での仕事がいくつかある為、週何日かは山へ向かうのですが、行けば必ずと言って良いほど鹿に遭遇します。
 
その為、鹿は全然珍しくもなく、むしろ別荘地の方々にとっては大事な草木を荒らす天敵となっているのですが、昨日は珍しくキツネに遭遇しました。
 
その後、建築中の建物の確認に向かいましたが、写真はベランダの手摺と外壁が交わる下地部分です。
 
ここは取り合いが難しく雨漏りのし易い部分ですが、手摺と壁の取り合いの形に成形された緑色の専用のシートを用いることで、確実に防水処置ができます。
 
ここに限らず、例えば屋根と壁が交わる取り合いなど、別の部位が取り合う部分は雨漏りの危険が大きくなるので、注意が必要です。
こういった下地部分をどのように施工しているか?
 
最終的には隠れてしまうので、これから新築を検討されている方は工事中の現場を見学して確認することをお勧めします。
 

土地選定の際はハザードマップをご確認ください

2020-08-20
お盆も過ぎて、普段なら秋の気配を感じ始める季節ですが、今年は7月の長雨に続き、8月は異常な暑さが続いています。
 
ここ数年、気候が急激に変化していると感じるのは私だけではないでしょう。
 
将来、同じ場所でも過去にない、思いもよらない災害に見舞われる可能性は少なくありません。
 
そういった状況を踏まえ、各市町村のハザードマップをご確認下さい。
 
ハザードマップは見直しが行われ、数年前とは変わっている場合もありますので、最新の情報を常に確認しておくのが良いと思います。
 
 
場合によっては、火災保険の内容を見直す必要も出てきますし、これから土地を選ばれる方には重要な要件となってくるでしょう。
 
以下に諏訪地域6市町村のハザードマップを記載しますのでご確認頂ければと思います。
 
 
 

蓼科ビレッジ様リフォーム工事完了

2020-08-02
外観ビフォー
外観アフター
リビングビフォー
リビングアフター
和室②ビフォー
和室②アフター
和室③ビフォー
和室③アフター
前回に引き続き、同時進行していた別物件のリフォームも完成しました。
 
今回のリフォームの大まかな内容としては、外部は外壁の塗替え、内部は間取りの変更です。
 
続きの和室②と③をそれぞれフローリングの洋室へ変更しながら、和室②はリビングとの壁を撤去し、ダイニングスペースに。
 
ゆったりとしたLDKとなりました。
 
また、和室③は個室の寝室への変更です。
 
壁一面が収納で収納力も増えました。
 
写真にはありませんが水廻りも全てリフレッシュを行い、使い勝手を向上させています。
 
合併浄化槽も新たに設置しました。
 
窓廻りも断熱サッシへの取替えや内窓の設置を行い、断熱性を高めています。
 
空き家も年々増加する中、今後これらを活用するためのリフォーム需要高まってくると思われます。
 
重要なのは、限られた予算の中で何をどこまでやるか、リフォームの目的をしっかり決めることだと思います。
 
思い悩まれていることがありましたら一度ご相談ください。
 
TOPへ戻る