本文へ移動
「桧」薫る家        
「桧」薫る家
構造用合板の代わりに木材本来の粘り強い特性が十分に発揮される無垢の木で作ったNO接着材、NO化学物質による耐震構造パネル「どんとパネル」を使用したお家です。
「どんとパネル」は外壁と床・天井に杉と桧の板材を斜めに張ったパネル材をはめ込んでいくことで最大、壁倍率4.8倍、床倍率3.5倍の強度を確保します。
大きな地震に対して構造躯体と一体となって、揺れを吸収しながら動くので繰り返しの地震によるダメージを受けにくい建物となっています。
 
お家は耐震性だけでなく、断熱性能にもこだわり北海道基準を越えた高い断熱性能を有し、地域型グリーン化事業の高度省エネ型ゼロ・エネルギー住宅として補助金交付住宅となりました。
 
そしてこれらの性能に加えて、リビング前の広い屋根付きウッドデッキや、家族の距離感が短くなるようにリビング・ダイニング・キッチンをトライアングル型に配置する工夫などプランにもこだわりを持ちました。
リビングには薪ストーブを設置し、ご家族で楽しい団欒の時を過ごせます。
また、リビング上部はスキップフロアにすることで、ロフトと吹き抜けを同時につくり出し、空間を有効活用しています。
 
TOPへ戻る