木楽々
まるで森林浴をするかのように
五感から心地良い空間を感じます
玄関を入るとすぐに漂う木の香り
視界に広がる木肌のやさしい風合い
住む人を和ませてくれます
森林浴を五感で感じる「木楽々」
 
通常の木造住宅の約2.2倍の木を使っています

 木は日本の気候風土に合う私たちにとって一番心地よい素材ではないでしょうか。一般の木造住宅の約2.2倍の厳選された木をふんだんに使い様々な工夫とアイデアで生まれた家が「木楽々」です。
玄関を開けるとすぐに感じることができる木の香りと木肌の優しい風合いが特徴です。また新建材のお家と異なり、使い込むほどに木が飴色に変化して風合いが益々高まるお家です。
 
夏涼しく冬暖かい。外断熱が標準です

 一般的なお家の室内の壁はプラスターボードに壁紙を貼って仕上げていきますが、「木楽々」は木材の構造壁が室内側はそのまま仕上げされた木の壁としてあらわしになります。断熱材は柱や構造壁の外側に断熱材を貼る独自の外断熱工法を採用しており断熱材によりすっぽり覆われたお家です。そのため室内の温熱環境はまるで魔法びんのように外気の影響を受けにくく、夏でも家中涼しく、冬は暖房効率の良い暖かい家です。